チャーター機第一便242人、18日隔離解除

104
今月3日に中国湖北省武漢市からチャーター機第一便で帰国した台湾人247人のうち、感染者1人と通院した4人を除き、他242人は、18日隔離解除となり、同日午前6時に新北市と台中市の隔離先を離れて帰宅した。(写真:CNA/湖北武漢台胞返郷自救会)

今月3日に中国湖北省武漢市から帰国した台湾人247人のうち、感染者1人と通院した4人を除き、他242人は、18日隔離解除となりました。18日午前6時、摂氏10度以下の寒い気温の中、みんな一列に並んで、出発前の体温測定を受けます。

 

この242人は、28人が新北市の烏來区、145人が林口区、69人は台中市で14日間隔離されていました。感染検査では2回連続「陰性」と確認されました。

隔離先での生活について、「政府は本当によくできた。食事がよく、住む場所も快適。さらにサービスも文句なし」と絶賛しました。台湾に戻ってきた気持ちについて、「親近感が湧いてきた。少しホッとした」と話しました。

 

わざわざ手紙を書いて、政府と隔離先のスタッフたちに感謝を述べる人もいます。

隔離が解除されたとはいうものの、この242人は帰宅後も、引き続き14日間の自主健康管理が必要とされています。

中央感染状況指揮センターは、なるべく人の多い場所を出入りしない、外出するときはマスクを着用し、体に異常があるときはすぐに知らせるよう呼びかけています。

各地の衛生局はこれからも引き続き彼らを訪問し、健康状況を把握していくということです。

 

(編集:曽輿婷/王淑卿)

 

 

新聞來源:RTI
編集:曾輿婷
Source