不動産の見学客が増加、9月には取引ラッシュ到来か

50
新型コロナウイル感染拡大で縮小していた不動産物件の取り引きだが、このところ内見を希望する人が増加している。(写真:rti)

台湾の複数の不動産仲介業者によると、台湾で新型コロナウイル感染状況が落ち着いてきた7月中旬以降、不動産物件の見学を希望する人が増加しており、5月半ばからの感染拡大以前の水準にほぼ回復しているということです。

このため、業界では、感染状況が急速に悪化しなければ、早ければ今年9月には、取引ラッシュが到来すると予測されています。感染拡大により、2カ月ほどストップしていた取引を補う形で市場が回復し、今年通年では小幅の成長になると見込まれています。

ソース:RTI
編集:早田健文
ソース:RTI