タラバガニ、伊勢エビ…彰化県、「最強の供え物」が話題に

44
台湾中部の海沿い地域にある、彰化県芳苑郷では、ほとんどの住民は漁業を生業にしているため、タラバガニ、伊勢エビ、ノコギリガザミなど獲れたての海産物を供え物にしていることが話題となっている。

今月22日は旧暦7月15日「中元節」。台湾各地では先祖と無縁仏の霊を祀る儀式が行われました。

台湾中部、彰化県芳苑郷にある村では、タラバガニ6匹、伊勢エビ12匹、数十匹にのぼるノコギリガザミなど、豪華な海産物を供えたことが話題となりました。

住民は、「一部買ったものもあるけど、ノコギリガザミは自分でとったのだ。とれた分だけ供えている」、「タラバガニもあるけど、昨年ほど豪勢ではない気がする」と話しました。

彰化県芳苑郷は海沿いにあるため、地元の住民はほとんど漁業を生業にしています。毎年の中元節になりますと、住民たちは獲れた海産物を供え物にし、豊漁を祈る習慣があります。

これまでの儀式は、年ごとに豪勢になってきました。海産物が供えられた食卓は100台以上延々と続いています。

今年は新型コロナウイルスの影響を受け、地元の廟は集団感染を避けるよう、宗教行事の規模を縮小し、祭祀の代表のみ供え物を並べることが可能になり、食卓は50台未満となりました。

しかし、漁師たちは変わらずに、タラバガニや伊勢エビ、ノコギリガザミを豪勢に供えて、その熱いおもてなしの精神を表しました。

(編集:曾輿婷/王淑卿)

 

 

ソース:RTI
編集:曾輿婷
ソース:RTI