台湾、マスクは2/1から政府が一括管理

67
新型肺炎の感染拡大により、台湾ではマスクの品薄問題が起きている。「マスク売り切れ」の張り紙が随所見られる。政府は対策を急いでいる。(写真:CNA)

新型肺炎の感染拡大により、台湾ではマスクの品薄問題が起きています。どこへ行っても「マスク売り切れ」の張り紙が見られます。国民のマスクに対する需要を満たし、マスクを合理的に分配するため、中央感染状況指揮センターは31日から、台湾全域のマスク生産工場が生産したサージカルマスクを一日400万枚買い取ります。中央感染状況指揮センターは、この400万枚のサージカルマスクのうち、260万枚を国民に、140万枚を医療機関や備蓄用に提供します。

国民に提供するマスクは、コンビニエンスストア、ドラッグストア、薬局、医療器材のサプライヤーなどのルートを通じて放出します。消費者は一回に付き一人当たり一枚から三枚買えます。2月1日から一枚台湾元6元に引き下げられます。この措置は2月15日まで実施されます。

(編集:王淑卿)

新聞來源:RTI
編集:王淑卿
Source